少々荒れていても海に出るが、

大荒れの時、特に冬、

酒を飲みながら本を読んで過ごす事が多くなる。

また本を読む合間にはギターの練習に余念がない。

つまりこれをして三文釣師的に「晴釣雨読」という。













ようこそようこそ。ささ、中へどうぞ。すぐに酒と肴に戯言なんぞをお持ちしますでな、ゆっくりして下されよ。        by duo
カレンダー